Welcome to my blog

日本の飛行機王 旧中島家住宅(中島知久平邸)

ひで郎

ひで郎

4連休も後半に突入致しました。

世間は、お彼岸中

DSC08372.jpg
雨に打たれた彼岸花が綺麗に咲いております。

ミッドウェー海戦
日本海軍は空母4隻、航空機約300機等が海に消えた。
日米の戦闘機が空を駆け回ってから78年。

これは、忘れてはいけない事実であります。映画の中だけではありません。

決して、勝てる戦いでは無い事を知っても・・なお飛行機を作り続けた男

今回は、中島知久平邸を訪れて見ました。

DSC08348.jpg
群馬県太田市  ひで郎が住む隣の市であります。

DSC08328.jpg
8時30分 少し早かったみたいです。

駐車場40台 トイレも設置されてあります。
ですが、誰もいない^^;

DSC08336.jpg
今回は「筑紫」も一緒であります・・・が、

DSC08337.jpg
【筑紫】 何で入っちゃダメなのー;;

DSC08377.jpg
「ひで郎」 だって、国の指定重要文化財なんだから・・変な事してるとニュースに載っちゃうよ。 SNSも怖いし^^;

だから、今回は我慢してね。

DSC08342.jpg
【筑紫】 じゃ-お洋服買ってね♡

・・・・・わかった;;

DSC08329.jpg
中島知久平知ってますか?

中島知久平
日本の海軍軍人であり、中島飛行機(のちに富士産業、富士重工業を経て、現在のSUBARU)の創始者。後に政治家
・中尉であった中島は、近い将来、飛行機から魚雷投下をして軍艦を沈めるという予言
・航空の将来に着眼し、航空機は国産すべきと進言。大正6年5月には「飛行機研究所」(のちの中島飛行機株式会社)群馬県尾島町に創設
・当初は日米開戦には消極的だったが、開戦後は「米軍の大型爆撃機が量産に入れば日本は焼け野原になる」と連戦連勝の日本軍部を批判。ガダルカナルの争奪戦では日本の敗戦を予想して、敗勢挽回策としてZ飛行機(いわゆる「富嶽」)を提言する
・近衛内閣では鉄道大臣を務め海底トンネルのための地質調査も始めさせ、その大陸連絡構想は戦後の新幹線に影響を与えた。
・GHQによりA級戦犯指定・・・昭和22年(1947年)A級戦犯指定解除
・昭和24年(1949年)10月29日、脳出血のため急死。65歳没

sim.jpg
日本の飛行機王として知られております。

197[1]

これを見ればわかる通り、数多くの飛行機を製作しました。

DSC08365.jpg
そして、ここが中島知久平邸 築地塀に囲まれております。
目の前には、滑走路があったとの事(現在はありません)

DSC08472.jpg
どうやら門も開きましたので、では行って参りましょう^^  ここが正門 横は門衛所

DSC08419.jpg
正面には玄関車寄(くるまよせ)

ここで検温とアルコール消毒をして中に入ります。

中に入れるのは普段はこの場所のみです。他は外から眺める事になります(耐震工事がまだで危険な為)

DSC08384.jpg
見取り図、黄色の3部屋のみ室内見学可能。

DSC08415.jpg
外見は、こちらの模型の方がわかりやすいです。

DSC08391.jpg
最初は動画を見せて頂きました。因みに見学者は1組のみ・・私だけ^^;

DSC08392.jpg
飛行機工場・・中島飛行機の姿です。

DSC08413.jpg
応接間
設計監督が宮内省内匠寮( たくみりょう )出身の伊藤藤一であることが判明しています。
建築の意匠・構造・素材において学術的価値が高く、規模も大きく質の高い遺構であり、群馬県に残された近代和風建築を代表する建造物として極めて重要。また明治の宮殿建築としての特徴が見られる建物です。

DSC08406_2020092114115275d.jpg
天井にはシャンデリアが架かり、床はモザイク文様の板張りとなっています。

DSC08396.jpg
日本初の電気ストーブ。
昭和初期なのにオール電化、水洗トイレ。当時の最先端であります。

DSC08400.jpg
応接間2室 どちらも贅沢な装飾がされております。 更に床暖房

DSC08401.jpg
ステンドグラス 鳥は空への憧れを表してるらしいです。

DSC08397.jpg
こちらの窓は南側、外庭が見えます。

DSC08403.jpg
廊下側の窓からは、中庭

DSC08410.jpg
建屋はコの字型で立派な中庭あります。

DSC08467.jpg
応接間は、玄関車寄の横側です。

DSC08378.jpg
内部にも塀があり、門をくぐると・・

DSC08425.jpg
広い芝生の庭 正面が応接間、右の建物が「客室部の次之間」

DSC08430.jpg
客間は、間を隔てる襖を外すと49畳もの大広間になります。※庭からの見学のみ可能

DSC08428.jpg
説明看板

DSC08456.jpg
当時建てられた群馬県庁昭和庁舎の建築費をはるかに上回る費用で建てられたというから驚きですね。

DSC08454.jpg
入側縁 風情があります。
因みに、飛行機資料などありませんでした。
A級戦犯扱いでしたから、全て没収されたのでしょう。スバルにも「隼」1機残ってませんから・・しかし図面とか展示して欲しかった。

DSC08435.jpg
坊空壕と思ったら中庭への通路でした。

DSC08449.jpg
2階建ての建物は

DSC08438.jpg
1階には仏間・居間  ※庭からの見学となります

DSC08440.jpg
こちらは結構痛みが進んでいました。
2階の部屋は襖や障子の縁などが朱塗りとなっているのが特徴との事・・こちらは見られませんでした。

DSC08431.jpg
歳月を物語る大きな木

DSC08448.jpg
中が気になる土蔵

DSC08356.jpg
裏口

DSC08382.jpg
氏神社
鎮守(ちんじゅ)は、その土地に鎮まりその土地やその土地の者を守る神のことである。
大戦中は、どんな思いだったのか・・平和が続くことを願う限りであります。


長くなりましたが、ここでアメリガ軍に対抗する為に飛行機を開発していたのは史実であります。

日夜必死に国の為に、戦闘機を作っていた人がいた。

散って言った7万機以上の軍用機機よ 安らかに眠れ
DSC08368.jpg

第二次世界大戦時空機の生産数

ドイツ 117881機
日本 79123機
イギリス 131549機
ソ連 158218機
アメリカ 324750機

では、また (^_^)/~



拍手いつも有難うございます。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村

Comments 12

There are no comments yet.
たも
ご冥福を

ひで郎さん こんばんは。

ミッドウェー海戦は空母四隻と戦闘機のみならず、最高練度を誇る一航艦の搭乗員、乗組員を失うことになってしまいました。
少数精鋭主義の日本軍においてこれは無視できない損害でした。
戦死されたすべての方々にご冥福を。
日本軍が一回で数百人のパイロットを育てるところ、アメリカ軍は数万人を育てました。

中島氏はこれに対抗しようとします、確か零戦も中島製の方が多かったとか。
大規模空襲も予想してたわけですよね。
途中に基地がないためアメリカ大陸に直接届く「富岳」を計画するわけですが当時の日本には無謀でした。
当時のアメリカですら「B29」には手を焼いていました、それでも何とかしてしまう工業力。

すみません、中島知久平氏宅が残っていたのですね、知りませんでした。
その建築様式から国の指定文化財とは。
こうして見ると良い時代の様式が残っていますね、耐震補強が終わり、全館が観覧できることが楽しみです。

戦闘機の生産数も一桁少ないですよね、史実の倍は欲しかった。
それでも、「連合軍」は真っ先に中島飛行機の解体に乗り出したとか、どれだけ手を焼いていたのが良くわかります。

筑紫ちゃん、今回もありがとうね、早めのハロウィン衣装も良いですよ。(着替えそびれていたわけでは無いと)

東京メトロ03系日比谷線
こんばんは^^

今回は、知久平さんの邸宅に行って来たんですねぇ^^
1万平米、デカい@@
その50分の1で良いから、分けて欲しいですよねぇ^^;
世襲関係無く、実力でこういう邸宅を構えられる人ってのは、もう根本的に頭の造りが違うんでしょうねぇ・・・
勉強の勤勉さのみならず、多忙に堪えうる体力とか、精神力とか、全ての面で優れてるんでしょうね@@
自分の様な、豆腐メンタルのメタボじゃ、ダメだなぁ^^;

それにしてもこの方、『富嶽』と言い『富士重工』と言い、『富士山』と言う物に特別な愛着を、感じますよねぇ^^
『富嶽計画』も、代表的な『Z爆撃機』を始めとして、空挺隊員200人を積んだ『Z輸送機』や、機銃400挺を積んで『ガンシップ』の思想の走りとなった『Z掃射機』など、完成してたら興味深い機体揃いでしたね^^
中島機は、三菱機とはまた違った魅力があって、好きです^^
自分は特に、『天山』が好きですね^^

カバ男

こんばんは。
初めて知りました、中島邸が保存されていたなんて。
すごい豪邸ですね~。使われている材が全っ然違って見えます。
襖の絵も「障壁画」なんて呼んだ方が良いくらいの作品なんじゃないですか?これは重要文化財の価値ありですよ~。
でも、高級車と同じように豪邸は維持だけでも大変な資金が必要です。その点は群馬県にも頑張って頂きたいものですね。

筑紫さんもひで郎さんの言う事をよく聞いてお利巧さんでした。
ご褒美の洋服を買って頂いたら、是非ともお見せください。

自遊自足

79000機と300000機じゃ勝負になりませんね~

doll-modeler3
旧中島邸 豪邸ですね

こんにちは、お邪魔致します。今回も楽しく拝見させていただきました。

豪邸ですね。和風の邸宅でありながら、応接室には洋風の雰囲気が漂う重厚な作り、品性も感じられます。大切に保存してほしいものです。
戦中・戦後の歴史について私は全く疎くて恐縮ですが、A級戦犯扱いなのですね。残念に思いますが敗戦国ですからそうなってしまうのでしょう。
 
中島氏が作った飛行機に乗って多くの若者が命を失ったのは事実ですが、彼が飛行機を作らなけらば命は失われなかった・・・という単純なモノでも無いでしょう。反面、空に散った若者の遺族からすれば、中島氏の業績を称える気持ちにはなれないでしょう。戦後、彼をどう評価すべきかというのは難しい問題ですね。

筑紫さん、ハロウィン用でしょうか、素敵な衣装です。・・・ただ、ちょっとこの場にはTPOが合わなかったかも。(汗)


※ HNを変更しました。dollnuma3→doll-modeler3 リンク先アドレス前回「.」が足りませんでした。すみません。

ひで郎
ひで郎

●たもさん
こんちゃー^^
B級観光スポットであります。
地元でも余り知られていない隠れた名所ww
もし行くつもりならば・・・多分迷うと思います^^;
利根川の直ぐ脇なのですが、そこへの道が1本しかない。今回も観光客は私以外誰もいません。
もっと宣伝すれば人も来ると思うんですが・・
今回は映画ミッドウェーの時の、軍服を着たミリオタに負けられんと急遽「中島飛行機」発祥の地をレビューする事にしましたw
中島飛行機・・たもさんがわかり易く説明してくれたので、書くことが無いですww
スバルの町太田市、一つも中島の飛行機が残ってないのです。博物館作って擬人化でもすれば・・・良い観光名所になるのに・・と心を痛めております。
「筑紫」・・来月「安芸」に服を買うつもりだったが・・上手くやられてしまった^^;
世間はハロウインに染まってキマシタので、ネタは先取りでww 筑紫の衣装は昨年と一緒すww
青葉は今仮面を付けておりますww

ひで郎
ひで郎

●東京メトロ03系日比谷線さん
こんちゃーです。
中島知久平邸、塀に囲まれた一軒家で周りは畑しかありません。
ですが、戦中は目の前に滑走路と横には工場が建っていたとの事。国破れて山河在り
中島知久平には、もう一つ家があり・・・そちらは湖畔に洋館・・まるで西洋のお城(ググると写真が残っております)
今回の場所は、親兄弟の為に建てた実家であります。序に工場に来る来客用の客室と応接間・・そして使用人の住まい。
偉人とは、頭も体も私達とは違う生き物なんでしょう。
自分もノミのハートなんで、人の上に立つ事など無理。神経が死にますw
中島は、富士山に特別な愛着・・言われてみれば・・そんな感じがしますね。
案内役の説明では、鳥への思いが強かったみたいです。屋敷のいたる所に鳥の模様が記されてました。
今はスバル・・星座・・中島知久平は納得しているのかな?

ひで郎
ひで郎

●カバ男さん
こんばんは!
中島邸、実は群馬でも知られてないスポットで
平成28年に国の重要文化財(建造物)に指定されたばかりなんです。
客間や居間の写真が少ないのは、酷く痛んでいたからで・・折角の豪邸のイメージを気づ付けない為だったんです。
障子などは、全て破けていて・・まるで廃墟。 今後群馬県頑張って欲しい。
玄関車寄、応接間は修復が済んだみたいなので、順番で修復・耐震工事を進めていくみたいです。
昨年全ての部屋を見せるイベントがあったのですが、お風呂、トイレは超豪華でした。お手伝いさんが使うトイレまで洋式水洗便器
客間は大理石で囲まれた広いトイレでした。修復が楽しみです。
筑紫にねだられちゃいましたww
筑紫は結構衣装持ちw他の娘が可哀想;;
今月は予算オーバーなので、来月1着買っちゃいますかww

ひで郎
ひで郎

●自遊自足さん
こんばんは!
いつも有難うございます。
79000機と300000機です。勝負になりませんね。
国力の差・・・山本五十六も多聞丸(山口多聞)も知ってたんですがね。山口多聞=在アメリカ合衆国大日本帝国大使館付武官
勿論、飛行機王 中島知久平も負けると進言してます。
戦争は、人を愚かにする。当時の国民全員・・愚か者になっていたんですね。気付いた時は遅し・・・
戦争を止めたのは、昭和天皇。誰も止めると言い出せなかった。
日本人は、結局今も昔もかわらないと思います。

ひで郎
ひで郎

●doll-modeler3さん
有難うございます。
終戦後A級戦犯扱い、死を待つばかりでしたが・・昭和22年(1947年)A級戦犯指定解除となってます。
ですが、中島飛行機は解体。日産自動車と富士重工に分かれます。(当時は富士産業、現在はスバル)
そして日本の飛行機は1度潰えます。
戦後70年以上立ちますが、三菱MRJは今だ認められず(国産旅客機) 例外YS-11あり
F-2はアメリカの難癖により共同開発。そしてF-3は・・・純国産で行くのか・・中島知久平の夢を叶えて欲しいであります。
中島飛行機「隼」「鍾馗」「疾風」「呑龍」「月光」「天山」「彩雲」「橘花」零戦も半分以上中島製 
艦これで覚えた人も多いと思います。
戦闘機、爆撃機、ジェット機(橘花)世界でもこれだけの飛行機を作れた人は・・僅かしかいません。
戦争の時代に生まれて兵器となる航空機を生産したが、中島飛行機がその中で培った技術力は、現代の車に生き付いております。
SUBARU「2020年米国自動車ブランドロイヤルティ調査」において、2年連続でベストブランドロイヤルティ賞を受賞

citystranger

こんばんは~(^_^)

すごい豪邸ですね。
どの部屋もきっと応接間のように立派で重厚な家具調度なのだろうと思いますが、
庶民としてはこんなお屋敷に住んでいたら、だら~んとくつろいだりできなさそう
なんて思ってしまいました(^^;)

キュートなハロウィン衣装の筑紫さん、おねだりがお上手ですね~(*´ー`)

ひで郎
ひで郎

●citystrangerさん
こんばんは!
今回の中島邸、昭和初期のあの時代に・・オール電化作り
トイレもお風呂も現代と比べても差がありません。むしろ豪華。
多分あの頃のアメリカはそんな暮らしをしてたんですね。摩天楼とは良く言った物です。
個人的には、アンティーク家具など好きであります。買えんけどw
筑紫も世渡りが上手になったみたいで・・この調子だとまた生活が苦しく・・・
今年は、ハロウィンも自粛ムードなのかな?せめてクリスマスは明るくパ-ツと楽しみたいですね^^