Welcome to my blog

趣味の部屋 「ホラーとSF」 

ひで郎

ひで郎

最初に言っときますが、

エ●本では、ありません^^;

その手の本は、学生時代に卒業ですww

先ずは、夏に良く似合う

DSC06456.jpg
京極夏彦  京極堂シリーズ

夏場本屋で必ず見かけるあれです。

DSC06457.jpg
最大の特徴は、本の厚さにあります。 

DSC06458.jpg
しかも上下二段・・・広辞苑かよww

京極堂シリーズと言えば、「姑獲鳥の夏」 1作目ですね。

今回は、知り合いに貸してるので載せられませんでした。 

京極堂シリーズ
古本屋「京極堂」の中禅寺秋彦が「憑き物落とし」として解決する物語です。

主要人物
中禅寺秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)  古本屋主人
関口巽(せきぐち たつみ) いじられ役 小説家
榎木津礼二郎(えのきづ れいじろう) 私立探偵 変人
木場修太郎(きば しゅうたろう) 刑事 かなりゴツイ 階級は降格されてるのでよくわからん。
代表的な4人

私個人では、今川雅澄(いまがわ まさすみ) 骨董屋が好きであります。

DSC06477.jpg
本を開くと妖怪の挿絵がありますが・・・妖怪は出てきたこと無いような・・

黒い本で怖そうな、ホラー小説に見えますが・・内容はミステリー小説 密室や猟奇殺人が殆ど。

DSC06480.jpg
もう一つの特徴は、詩織が凝ってて面白いです。

意外と、この分厚い本も読み始めると読める物です。 私的には「絡新婦の理」が一番面白かったかな。

京極夏彦の本を読むキッカケは、

DSC06460.jpg
「ルーガルー」からでして  (この本は「ルーガルーノベル」)

ホラーとは縁がない、近未来スチームパンク系であります。
近未来、ヒトは端末によって繋がられ、管理社会に統制された世界。 人と人とのコミュニケーションが失われた町が舞台。
少年少女を対象とした連続殺人事件が起こったことによって、今まで知っていたモニタの中だけの世界とは違うものが世界には広がっていることに気付き始める。

牧野 葉月(まきの はづき) 一般人金持ちの娘

神埜 歩未(こうの あゆみ) 凄腕の暗殺者? 謎が多く良くわからん

都築 美緒(つづき みお) 天才少女 プラズマ工学に関しては世界的な権威  本気最高w 俺の嫁にしたい候補No1

麗猫(レイミャオ) 未登録住民 運動能力抜群 

この本は私のお勧めであります。実は3冊持ってますw

DSC06463.jpg
こちらが続編 「ルーガルー2」
最初は、この人形の様な表紙に惹かれて購入。 こちらは1冊のみww
都築 美緒 天才ハッカーの好きなものが、カメからバッタにチェンジwww
続編もかなり面白かったです。

で、ここまでが前置きwww
ここ最近、ブログやドールより優先して本を読んでました。

「ルーガルー」と同じ近未来スチームパンク

2020-06-09 (3)
「マルドゥック・スクランブル」
2016年に購入 今まで読んでませんでしたww
第24回日本SF大賞受賞作品。

今回は電子書籍でありませう。
だって、京極堂シリーズで凝りました。本の置き場に^^;

2020-06-09 (1)
自分が読んでる本を見られるのは恥ずかしいですなww

DSC06465.jpg
1~3巻まで一気読み。

DSC06467.jpg
小説だと説明が難しいので、漫画がで感じとって下さい。

DSC06468.jpg
主人公の少女 ルーン=バロット 登場後直ぐに車に閉じ込められ焼かれます。

それを助けたのが、ウフコックとドクター・イースターで 

生命の保護などに限って禁じられた科学技術の使用を認める「マルドゥック・スクランブル-09法」に基づき、全身に金属繊維による人工皮膚を移植され一命を取り留め、それにより常人より遥かに優れた身体能力と体感覚、あらゆる電子機器を触れずに操作する能力を得る。

DSC06469.jpg
ブチ切れる時は、このセリフが頭の中で巡る。

アニメや映画にもなる有名作品らしいです。 因みに、第24回日本SF大賞受賞作品との事で購入。
評価通りの作品でした。

ネタバレで、ウフコックとは、金色のネズミ型万能兵器。
主人公の少女は、ルーン=バロットは娼婦としての源氏名であります。かなりダークでエグイです。

今回漫画も載せましたが、内容は別物と考えた方が良いです。雰囲気がかなり違う。
原作のファンにはガッカリかも。

かなり面白い作品で、同シリーズは枝分かれして多数あり。



DSC06471 (1)
「安芸」のモデルは、ルーン=バロットなんです。


DSC06484.jpg
娼婦(15歳)と縞々タイツが特徴。

DSC06483.jpg
原作では、ルーン=バロットは喋る事が出来ないので、チョーカー(ウフコック)を使って喋ります。

今回は、京極夏彦シリーズと「安芸」の元ネタの「マルドゥック・スクランブル」でした。

では、また(^^)/~~~

拍手いつも有難うございます。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村

Comments 6

There are no comments yet.
たも
ぜんぜん

ひで郎さん こんばんは。

う~ん、ホラーですか、すみません全然読んでません!(言い切った)
SFなんかは読んでるんですけどねぇ。WW SFと言いつつホラーに近いものも有り。
某邪神の神話大系なら読んでますが・・・・・(^_^;)これはホラーか?
そうか、安芸ちゃんにはモデルが居たんですねぇって、「娼婦」ってそっちに逝っちゃうんですね。
困った、この娘をドール化したいと思う娘がなかなか居ない。したい娘はすでになってしまっている。
一部こうじゃない感のある娘もいるが。WW
ホラー?ならこのセリフで締めませう・・・・・「窓に! 窓に!

ミドリノマッキー

すごい本をたくさん読んでるんですね。
自分は最近本読んだことなし。プロフに読書なんて書いてるのに。
漫画で精一杯です(^^♪
安芸さんのモデルは主人公の女の子でしたか。
雰囲気的に似ていますね。
としたら他のドールさんにもモデルがいるんですね。

ひで郎
ひで郎

●たもさん
こんばんは!
半分酔いつぶれてますが、お許しくださいww
個人的には、ホラー系の本が多いですね。
我が家は結構本が多いのです。ホラーの次に多いのは吉原系かなww
邪神神話は、間違いなくホラーに分類だと思いますよ^^
邪神様は、写真集なら持ってますが^^;
安芸は最初、和服少女にするハズでしたが・・予想外にイメージが違いまして・・その時読んでたのが・・今回の本でした。
「娼婦」の設定はどうかな?と思いますが・・この本の原作少女も悲劇のヒロインから、新たな人生を歩み始める物語です。
「ああ!窓に!窓に!」もしや邪心様ではないでしょうか。
wwwでは、私は
【ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん】www

 

ひで郎
ひで郎

●ミドリノマッキーさん
こんばんは!
ドールの合間に、本を読み、写真撮影で暇をみつけては本を読んでます。
子供の影響で、ミステリー大賞作品は一応・・目を通してます。
図書館も良く利用するのですが、コロナの影響で暫く休館が続いてました。
漫画、イラストは描けませんが、学生の頃は絵描きに憧れてましたww
それと、我が家のドール達は・・モデルが存在してるケースが多いです。
似ても似つかないのが殆んどですが、理想は追い求めて逝きたいと思ってますww
「マルドゥック・スクランブル」のルーン=バロットは、漫画は可愛すぎ。
原作は、生気が無い死んだ目をした少女なんですよ。少しずつ心を開いて・・? あれ、最後まで・そのままだった気がww

由佳乃@PE8W製作中
こんばんは^^

『姑獲鳥の夏』・・・聞いた事があります!
確か、ファミコンソフトで展開されてませんでしたかね?
プレイした事は、無いですが・・・^^;

自分的には、狂骨とかここら辺の表紙絵が、好きですねぇ^^
こういう雰囲気、大好きですわ^^
昔の『金田一耕助』シリーズの表紙も、こんな感じでしたよねぇ^^

本やDVDは嵩むので、今はやはり『電子書籍』ですよねぇ^^
自分も『Amazon Kindle』で、最近『ハイキュー!!』という漫画に凝っています^^

ひで郎
ひで郎

●由佳乃@PE8W製作中さん
こんばんは!
いつも有難うございます。
『姑獲鳥の夏』人気作であります。ゲームはやった事ありませんが、『かまいたちの夜』は経験しております。
いんなENDがあり、ハマリましたww
京極さんの本は、見た目は怖いけれども、実際は普通の殺人事件。表紙の絵との関係が薄い^^;
ミステリー好きにとって、横溝正史先生の『金田一シリーズ』は特別ですね。これを超す作品は無いに等しいです。
で、最後にたどり着くのは・・江戸川乱歩・・ほぼ神格化されてます。
現題のミステリーの起源であります。『幽麗塔』など1度どうでしょうかw
『ハイキュー!!』人気作ですね。私も何度か見た事あります。因みに、高校の時バレー部に所属してましたww